お問合わせはこちら

さくら代表の2021年新年ご挨拶

Menu

<代理出産リポート25>
代理出産の歴史(20)次の行き先はメキシコへと ()

2015年の1月に弊社を含む世界の代理出産に関わる法務専門家による初の視察がメキシコにて行われたことを前回=11月7日号掲載=もお伝えしたように、97年にタバスコ州の民法が変更されたことから、同州は32州あるメキシコにおいて商業代理出産が唯一合法であった州であったにも関わらず、実際は、2015年1月に我々がメキシコにおける代理出産を開拓するまでは、同国での代理出産は眠っていたようなものでした。代理母による出産に関わる病院も確立しておらず、ノウハウもなく、代理出産には欠かせない専門弁護士もいなかったのが事実です。つまり、我々、すでに世界で代理出産に関わっていたプロフェッショナルたちが、チームとインフラストラクチャーを確立することにより、同国の代理出産を可能としました。まさに15年からメキシコが代理出産の行き先として我々の手によって発掘されたのです。

現在も代理出産に関してアクティブに運動を続けているのが、弊社も15年にパートナーシップを確立した同州の若き優秀な弁護士、ご家族も代々弁護士である過程で育ったレオン・アルタミラノ弁護士です。我々が視察のためにタバスコ州を初めて訪れ、彼をタバスコ州でトップホテルと言われているホテル・キンタ・レアルのレストランで、筆者を含めた当プロジェクト幹部により、彼を当プロジェクトの法務担当とするかのインタビューを行った時は、彼は生殖医療、代理出産についての知識は皆無でした。しかし世界中で代理出産依頼が難しくなっている状況下、いかに需要があるかを感知し、代理出産に関する法務を一気に引き受けることとなり、名をはせるようになりました。メキシコの代理出産が真っ盛りであった15年から数年は、筆者もアルタミラノ弁護士とは毎日にように仕事をしましたが、非常に臨機応変で頭が切れるおおらかな優秀な弁護士です。世界の代理出産に関わる法務専門家による初の視察が行われた15年1月には、代理出産マーケットは何も確立していない状態だったのが、急に世界中からこのタバスコ州に依頼者が殺到することになり、アルタミラノ弁護士も大きな収入を得るようになりました。このことも、メキシコのタバスコ州政府が代理出産の規制の乗り出した一つの理由である、とも言われています。 (次回は1月9日号掲載)

代理出産についてのどのようなご質問でもご連絡ください

当文献は創刊47周年を迎えるニューヨークの日本語新聞New York ビズ 2020年12月5日に掲載されました

代理出産の歴史(20)メキシコを代理出産の行き先として発掘