お問合わせはこちら

卵⼦提供・代理出産の講演お知らせ
11月に東京で開催

Menu

最新医療レポート<着床前診断9>
最も重要な生殖能力の情報は生理の3日目の検査から得られる ()

性染色体(男女産み分け)と22対の常染色体の着床前診断を成功させるためには(3)

米国最先端臨床現場から-最新医療レポート<着床前診断9>前回のレポートでは、性染色体(男女産み分け)と22対の染色体異常を調べる着床前診断を成功させるために知っておくべき治療の基本として、自分の生殖能力をまず知る、そして、最も重要な生殖能力の情報は生理の3日目の検査から得られる、と説明しました。

今回は生理の3日目の検査とは何か、どうしてこの検査が重要かを説明いたします。

米国ではこの生理の3日目のホルモン値(FSH,E2,LH)、そして、卵胞の数の結果をベースライン(基本値)と呼びます。つまり患者様の生殖能力を示 す数値です。特にこの数値は加齢が加速化する35歳以降は、数ヶ月でも変化し、38歳以降は一ヶ月違っても治療のためには、正確な数値とは言えなくなりま すので、体外受精を伴う性染色体を含む23対の染色体異常を調べる着床前診断を望む性染色体(男女産み分け)と22対の常染色体の着床前診断を行なう場 合、及び、通常の不妊治療のための体外受精を伴う場合も、直近の生理の3日目の数値が必要です。また3日目でなくてもAMHという検査によって生殖能力を 知ることができます。特に、避妊ピルを服用して意場合は、生理の3日目のホルモン検査項目であるFSH値に誤差が出てくるため、AMHを検査します。これ らのホルモン値の検査は血液検査にて行なわれ、アントラル卵胞という卵巣にある卵胞数を検査するためには内診が行なわれ、超音波が使用されます。

この生殖能力を調べる検査結果により、排卵促進剤への反応の期待値、妊娠成功率が予想できます。また、このベースラインをもとに、適切な体外受精の治療方 法論、排卵促進剤の種類と量がドクターから提示されます。ホルモンの血液検査は非常に重要ですが、正しいアントラル卵胞数を知ることは更に重要だと言われ ています。この数により、排卵促進剤の量が変化してくるからです。排卵促進剤投与後のホルモン値E2は卵胞数との掛け算になるため、不妊ではない健康な女 性が性染色体を含む(男女産み分け)23対の染色体異常を調べる着床前診断を望む場合にありがちな卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を防ぐためにも、適切な 量の排卵促進剤を服用することは重要です。

元来の各患者の卵胞の質に併せて、各患者のベースラインを基礎に適切な方法論、指示と調整を行なうことは、より良い状態の卵胞に育て、受精する能力にも影響を及ぼすものです。

次回は、性染色体(男女産み分け)と22対の常染色体の着床前診断を成功を導くための排卵促進剤投与開始後の重要点について説明いたします。

Weekly Biz 2013年8月3日号:Vol.402掲載