お問合わせはこちら

卵⼦提供・代理出産の講演お知らせ
11月に東京で開催

Menu

最新医療レポート<着床前診断11>
排卵促進剤投与開始後は、緊密で適切なモニターが必要 ()

性染色体(男女産み分け)と22対の常染色体の着床前診断を成功させるためには(5)

米国最先端臨床現場から-最新医療レポート<着床前診断11>前回のレポートでは、性染色体(男女産み分け)と22対の常染色体の着床前診断を成功させるためには、サイクル開始後に何が重要な点であるかの説明、排卵促進剤の投与開始日には血液検査(FSH,E2, P4, LHの4科目)と内診から始まることをお伝えしました。

排卵促進剤投与開始後は、緊密で適切なモニターが必要です。これは、以前から繰り返し説明しているOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を出来る限り回させるた めだけではありません。授精のためにより良い状態の卵胞を成長させ、最終的には妊娠に結びつかせるための体外受精の過程で重要な要素のひとつと言えます。

モニターは血液検査(E2、P4)と内診によって成り立ちます。卵胞の成長の速度を見ながら、より良い状態の卵胞に育てるように慎重に排卵促進剤の量を調 整していきます。卵胞の質は、各患者様の生殖能力が基盤となりますが、投与する薬の種類、薬の量、タイミングによっても、変わってきます。例えば、同じ植 物の種を使用しても、水、肥料、陽の量によっても花が咲くタイミングや美しさが違うのと同様です。つまり生殖内分泌科専門医による緊密なモニターと指示が 鍵となります。特に、卵胞が14ミリほどに達した後は、毎日のモニターが必要になってきます。卵胞は成熟したところで採卵されますが、成熟に満たない状態 も、成熟しすぎて大きくなりすぎている状態のもの授精には適しません。卵胞の成長の速度、つまり排卵促進剤への反応は患者様によっても違い、更に、同患者 様においてもすべての卵胞が同じ速さで成熟しないので、毎日の担当専門医の適切な判断が重要です。そのため、体外受精を扱うクリニックは7日間開いている 必要があります。医師の予定により週末や休日にモニターができない、もしくは採卵を行なわない、というクリニックは要注意です。優秀な体外受精を扱うクリ ニックは、培養室のメインテナンスなどでブロックする以外は、患者様が体外受精サイクルを開始以降、年中無休です。

次回は、適切なモニターを経て、採卵に向けて重要な点について説明いたします。

Weekly Biz 2013年10月5日号:Vol.410掲載