お問合わせはこちら

さくら代表の2021年新年ご挨拶

Menu

さくら代表の2021年新年ご挨拶 ()

New Year greeting in English

全てがうまく廻らない、と、当ご挨拶の提出締め切りも迫り、頭を抱えていた2020年12月半ば、弊社のメキシコシティ在住のテクノロジー担当、天才青年ジョセフから吉報が届きました。コロナ禍は、世界中を別世界に一変させ、時間と経済を止め、あらゆるレベルにおいて停滞と不安を招き、犯罪率の上昇をも導きましたが、9月末、ジョセフは運転中に強盗に足を撃たれ、大出血を伴う重傷からICUで1か月を過ごしましたが、メッセージは“今日、杖なしで初めて自分の足で歩くことが出来た”“人生で何が大切か、誰が真の友人か、を教えてもらえたよ。ありがとう”というものでした。

16年間、少しでも世界を良い場所にしたい、という使命のもと、国境を越えて命を救い、命の誕生を助けるという多岐に亘る命に係わるコンサルテーションを提供してきた弊社にとっても、今年はコロナ禍により想像を絶する問題が続出しました。その中で、いかにクライアントが100%の信頼を託してくれているかを含め、常時では不可能なレッスンを得ました。

世界中の一人一人が、様々なレベルで影響を受け、従来の価値観の見直し、どう苦難に対応するかを試されています。しかし、そこから生まれるものもあります。ジョセフのメッセージを受け取った日、私が励まされたように、我々には明日がある、陽はまた昇ることをお伝えしたい、と原稿を書き直しました。

苦境から学んだことを生かし、皆様のために更に努力することを誓うと同時に、皆様の健康を心からお祈り申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。