お問合わせはこちら

第4回卵子提供・代理出産の講演会
(2017年8月26日京都)のお知らせ

Menu

Memorial Sloan-Kettering Cancer Center: メモリアル・スローン・ケタリング癌センター

Memorial Sloan Kettering Cancer Center 53 Street building Lobby © MSKCC and Sakura Lifesave Asso. Inc.
Memorial Sloan Kettering Cancer Center
53 Street building Lobby © MSKCC and Sakura Lifesave Asso. Inc.

2001年、Memorial Sloan-Kettering Cancer Center (メモリアル・スローン・ケタリング癌センター) は、U.S.News & World Report マガジンから “米国一の癌治療センター ”であるという栄誉を受けました。Memorial Sloan-Kettering Cancer Center (メモリアル・スローン・ケタリング癌センター) は、どのような理由で癌が発生しうるか、又、癌予防、早期発見、治療のための最新の方法論を開発することにおいて目覚しい進歩に貢献しています。

Memorial Sloan-Kettering Cancer Centerでは、単に “癌という病気” を治療するのはなく、癌を患っていらっしゃる一人の “人間” を治療させていただかせています。患者様に真心をもって治療させていただくことと、ご家族とご友人のお気持ちを察しながらお世話させていただくのが私どものさせていただいていることの全てです。

トーマス・J・ファへイ, Jr.医学博士
臨床プログラム開発 シニアバイスプレジデント
インターナショナル腫瘍プログラム メディカルディレクター

何故ここまで多くの患者様そして医師が我々を選ぶのか

Memorial Sloan-Ketteringは、癌治療専門の医療機関として100年以上前に設立されました。Memorial Sloan-Ketteringは、癌の予防、治療、研究、そして教育に全力を傾ける民間機関で、世界で最も長い歴史を持ち、最も大きいとされています。400人以上いる専門医は、お一人お一人の患者様に対し、最大の治癒可能性のための方法論を見出すことを使命としています。

我々の世界的に著名な専門医は、Memorial Sloan-Ketteringで使命を果たすために世界中から集まってきているのです。彼らがMemorial Sloan-Ketteringに固執する理由は、ここMemorial Sloan-Ketteringが彼らの生涯を捧げる重要な仕事を全うするのにふさわしい場所だからです。我々の卓越した評判は、すば抜けて優秀な専門医・研究者の注目を各国から集め、時折患者様が我々のスタッフの数人が同一国から出身であることがわかるのも珍しくないのです。我々は全種類の癌に対する専門的意見と治療を提供できる選りすぐられた国際的リーダーの集まりでもあります。我々の専門医と研究者は、Memorial Sloan-Ketteringで行われた何百もの革新的な臨床試験の結果も含め、10,000近い文献を医学・科学専門誌に発表しています。

2分野以上の専門医によって成り立つチーム編成

最善の現代癌治療では、他分野にまたがるチームアプローチと、手術・化学療法・放射線療法などの異なる種類の治療の組み合わせが必須となっております。

Memorial Sloan-Ketteringの患者様は、必ず一人の当該患者様の治療を調整・設定する担当医が決められてお世話をさせて頂くと同時に、患者様の疾患の様々な観点において出来るだけ多くの専門医が係わって治療をさせていただいております。Memorial Sloan-Kettering特有の “病理管理” プログラムは関連分野の専門医がチームを編成し、あらゆる方法を駆使することにより患者様にとって最善の治療を行っています。例えば、一つの “病理管理” チームは、乳癌、結腸直腸癌、肺癌のなどの最も多く見られる癌の一つに焦点をあて、癌予防やどう健康を維持していくかというような問題も含めて、取り組んでいます。其々のチームは外科医、腫瘍科治療医、放射線科医、病理医、そして必要に応じ特定部門を専門としている関連専門家を含みます。このアプローチは様々な分野の専門家の知識と専門的技術によって成り立っているのです。

Memorial Sloan-Ketteringの “病理管理” チームは、常に他の治療方法をも検証し、どの方法が最も優れた結果を出しうるかを決定します。又、診断・治療から始まって、退院・その後のフォローアップまで、いかに、更に良いお手伝いが出来るかどうかを考えています。このアプローチ上、勿論、治療による疾患克服が不可欠であるのは言うまでもありません。

“病理管理” チームの一人一人が“癌”を把握し、癌がどのように患者様の、そして愛する方々の人生に影響を与えているのかを深く理解しています。“病理管理” チームは全ての患者様のために、たとえ、どのような癌のステージにおいても、最も包括的な癌治療をもって、全力を尽くすために、ここMemorial Sloan-Ketteringでお待ちしております。

更に詳しいインフォメーションに関しては、Memorial Sloan-Kettering Cancer Centerのウェブページをご覧ください。